長瀞の夏の風物詩、「長瀞船玉まつり」は、川下りの船頭が水上の安全を祈願して水神様を祀ったのが始まりと言われています。約1,000基の灯篭(とうろう)が荒川へ流され、提灯をつけた船(万灯船)が水上を行き交うほか、夜になると…